合宿免許大辞典

スライドショー

金額以外にもある合宿免許のメリット

就職や身分証明で、必須とも言える資格が自動車免許証。マイカーの所有率が少なくなった現在でも、運転できるスキルは大切です。そんな自動車免許を取る方法として、有効なのが合宿プラン。最近は合宿免許に力を入れている教習所も多く、特に若い世代を中心に人気を集めています。具体的にどのようなメリットがあるのか考えてみましょう。
合宿免許で最も大きな利点と言えるのが金額。予約の集中する春休みを避ければ総額20万円ほどの所もあり、教習所に通う方法と比べて10万円以上も安くなるケースがあります。さらに合宿所への交通費や宿泊費、食事代まで補助してくれるプランも存在します。時間の取れる学生などにとっては、遠出と免許取得が同時に実現し一石二鳥です。もちろん観光ではなく運転と勉強がメインですが、普段住んでいる所から離れ得られる経験は貴重なものでしょう。
また取得までの期間もオートマチック限定なら最短14日、マニュアル車でも最短16日と短期というのも特長です。通いで多くの人が2か月から半年もかかる事を考えれば、充分な魅力です。注意点としては試験に受からず、期間延長となってしまった場合。仕事や学校が始まるのに合宿所から帰れない事態にならないために、力を入れる必要はあるでしょう。とはいえ合宿免許は勉強に集中できる環境が整っているので、個人差はあってもハードルは高くないと言えます。
そして合宿所が地方にある場合、都会より交通事情がよく運転が覚えやすい利点もあります。とりわけ大型車や中型車といった特殊な種類を取る際は、道幅の広さや交通量の少なさがプラスになるでしょう。しかし冬の雪国や坂道の多い山など、自然環境の厳しいケースもゼロではありません。あえてそういう場所で運転を学ぶ意義はありますが、免許試験の難易度が上がる可能性もあるのでプラン選択時は気を配りましょう。
合宿免許に申し込む条件としては、年齢制限を設けている教習所が多くあります。若い世代はまとまったスケジュールを取りやすかったり、技能吸収の速さがその理由と思われます。合宿所で出会った仲間が、一生の友達になったというのもよく聞く話。金額メリット以上の財産が、そこに待っているかもしれません。

Powered by RSSリスティング