合宿免許大辞典

免許取得までの流れ

春休み・夏休み・冬休みといった、学生の長期休みに利用しておきたいのが普通自動車運転免許の取得ですが、取得方法には合宿免許対応の教習所利用と近場の自動車学校通学タイプが存在します。合宿免許所と自動車学校の違いは、前者は住民票のある近隣教習所に通えないものの、ほぼ毎日にわたって学科と技能の教習が学ぶ事が可能で、後者は地元自治体に設置されている1ヶ月~2ヶ月程度通う一般的な教習所の事を指します。免許取得までの流れとしては、合宿免許所は入所から卒業までが2週間~3週間程度で終えられ、自動車学校の場合は最短で3週間程度となっています。卒業後は、共に各都道府県に設置されている免許センターでの学科試験に合格すると晴れて普通自動車免許取得になります。合宿免許のメリットは、連続して技能教習を受けられる事で運転技能を落とさずに卒業する事が可能で、不得意な分野があれば教官に聞ける点にあります。初心者が苦手な分野とされる、縦列駐車・クランク等をしっかり学んでおけば免許取得後も不安になる事なく運転出来るでしょう。技能教習延長保証が無料になっている点も魅力的であり、運転が苦手な方であっても問題なく教習に取り組めます。食費は、合宿免許代に含まれている事が多く、3食を滞在している宿泊施設か教習所内でいただけるので、自分で食事の準備をしないで済みます。合宿免許のデメリットは、遠方の教習所で学ぶ事でホームシックになる可能性があるので、長期にわたって自宅から離れてしまう事で心配になる方は、友人を誘って参加してみる事をおすすめします。合宿免許先の選び方は、自宅からアクセスのしやすい教習所を選択しておくのが良く、自宅から特急や新幹線を使って1時間~3時間程度の距離のエリアを選んでおくと入所日・卒業日の移動が楽になります。他の選び方としては、滞在中の食事を売りにしている教習所を選ぶのもおすすめであり、毎日の食事を充実したものにしたい場合は、ブログや合宿免許所のホームページ等で食事をアピールしている教習所にしておきましょう。合宿免許で気になる点は幾つか挙げられますが、食費同様に気になるのが交通費です。交通費は、合宿免許代に含まれている場合がほとんどであり、交通チケットは事前に発送されるか事後清算のいずれかが採用されています。全額を負担してくれるケース・所定ルートのみを負担してもらえるケースもあるので、交通費が気になる方は事前確認を怠らずにしておいて下さい。