合宿免許大辞典

短期間で取得、合宿免許

合宿免許とは、通常は通いで普通免許を取得するところを、短期間の泊りがけで取得するものです。一般的な自動車教習所では一日で受けられる授業のコマ数が決まっていますが、合宿免許では旅館・ホテルをはじめとする宿泊施設に寝泊まりしながら、長時間を教習や実習に充て集中して取り組むことが出来、その分短期間で免許証取得に漕ぎつけることが出来るのが最大のメリットです。 合宿免許で取得できる種類としては、普通ATから大型二輪などさまざまあります。宿泊施設の種類もいくつか種類があり、ビジネスクラスのホテル・教習所が用意したアパート等・教習所所有の学校寮など、中には山奥の温泉付き施設の場合もあるようです。金額的に一番安いパックプランは、寮となります。
学生であれば長期連休となる夏休み・春休みだけでなく、学校の授業が無い平日などに合宿免許を計画する人も多いです。約2週間は必要となりますが、通常の通学型であれば一か月間ほどはかかりますので、それに比べるとやはり短期間となります。2週間ずっと同じところに寝泊まりするので、企画側も生徒側を飽きさせないようにするためにさまざまな工夫を凝らしたパックが用意されています。フェイシャルマッサージなどが宿泊施設で受けられる等女性にお得なレディースプラン、観光地に近い場所の設定など、合宿免許の間の休憩日を充実させたプランもあります。
金額については、通学型よりもだいぶ安く済むのもメリットの一つです。少子化の影響により教習生の減少がその一因となっていたり、学校側で教習スケジュールを決めることによる低管理コスト、繁忙期とはずらして生徒を募集したいという事情もあるようです。このパック料金には教習費・宿泊費・食事代・交通費など全てが含まれているお得なものとなっています。
以上のような教習所側にとってもメリットがある合宿免許では、生徒側でも設定された短期間内で必ず免許を取得できるように、またその最低料金も保証されている場合が多いようです。